リボンレイ教室 Anuhea(アヌヘア) 大阪・関西

HOME > ハワイアンリボンレイとは

ハワイアンリボンレイとは

ハワイでは大切な人への気持ちを表すためにレイを贈る習慣があります。
ハワイに旅行された方は空港でレイをかけてもらったことがあるのではないでしょうか。
レイには生花を使ったものでも大変たくさんのバリエーションがあります。
木の実や貝殻、鳥の羽など材料も様々です。そしてそれぞれに色々な伝統や意味があります。
リボンレイとはリボンを使ってそれらの伝統的なレイを表現するハワイのクラフトです。
生花のフレッシュさはありませんが、大事な思い出をいつまでも残すことができたり、様々な色や材質を利用して独創的なレイを作ることもできます。
ゆっくりと時間をかけて作り上げる楽しさをお伝えできればと思っています。

歴史ある伝統文化とクラフトの融合

紀元前から受け継がれてきたハワイアン・レイ。神々への信仰、魔除け、社会的地位の象徴として用いられてきました。

今では、冠婚葬祭をはじめ、いろいろなシーンでのプレゼントとして用いられることが多くなりました。

クラフトショップに勤めていた、リボンレイ創始者のウィ,キャロル・ミト先生が、生花の代わりにリボンを使い、クラフトの技法を用いて、ハワイアン・リボンレイの原点を作り上げました。

贈る喜びに加え、作る楽しみがあるクラフトとして、ハワイ好きな方のみならず、多くのクラフトファンにも愛されるものとして注目されています。

MayDay is LeiDay in Hawaii

「メーデー・イズ・レイデー」

毎年5月1日に「レイを着けて、ハワイの文化や伝統を祝う日」として、ハワイ各地で祭典が行われます。

ワイキキのカピオラニ公園では、フラやハワイアンミュージックのコンサートが行われます。

あわせて「レイデー・セレブレーション」と呼ばれるレイのコンテストと展示会があります。

コンテストは生花だけでなく「LIPINE」(リピネ=ハワイ語でリボン)の部もあり、多くのリボンレイ・メーカーさんがエントリーされています。

毎年受賞されたリボンレイが話題になり、どこかで、誰かのSNSでご覧になることができます。